FC2ブログ

秘書検定2級

内定先から「秘書検定2級を受験せよ」というお達しがありまして、そちらの受験をし合格しました。
昨今はマナーだの気遣いだの思いやりだのって言葉が便利に使われ過ぎていてもう糞喰らえって思ってる限界オタクのお友達も多く存在していると思いますので、似たような限界組のために「そんなに大変じゃなかったよ」というお話をしていきたい。私はマナーって言葉は大っ嫌いだからね!3、準1、1級は受けていないので悪しからず。

さて、そもそも秘書検定ってなんだよって話なんですが、文部科学省後援の「ビジネス系技能検定」っていう検定の中の一つ。
有体に言うと偉い人を補佐する人の素養を身に着ける試験・・・なんですけど、2、3級あたりは中身がマナーとか社会人のあるべき姿って面で汎用性が高すぎるので「とりあえず社会勉強として受けとけ」みたいな扱いをされている試験です。ちなみに1級と準1級は面接試験が絡むガチの秘書さん検定らしいです。ヴォエ!

続きまして、試験について。
試験内容ですが、2級は「秘書業務」と「マナー・実技」に分かれています。
「秘書業務」は、一般的な秘書さんに求められる知識や業務の進め方について。
「マナー・実技」では文書の書き方や一般的なマナーについて出題されます。

試験では、「秘書業務」の区分で60%以上、「マナー・実技」で60%以上。各分野で6割以上正解してないと合格できないので、しっかりと勉強しておかないと詰む仕様になっています。お勉強は計画的に。


・・・と、ここまではネットで調べれば出てくるお話なので、私がどう勉強したかを書き記しておきます。
まず、各分野の所感。
「秘書業務」は一般的な会社勤めのような社会人経験があれば簡単かもしれませんが、バイト戦士や現場人間にとっては煩わしい未知の世界なので、しっかり勉強した方がよいかと思われます。私はこっちで大苦戦しました。
「マナー・実技」では葬儀の出方や手紙の書き方(時候の挨拶とか)、上座、下座、車の乗り方等。こっちは暗記するだけで点数になるので過去問とか教科書のまとめページをやれば十分に点は取れます。社会経験のある方はさっと教科書を読み流しておけばいいでしょう。

では、どう勉強したか。

普段の勉強
・教科書にざっと目を通す
・過去問を解く(全部解く→間違ったのを解く→さらに間違ったのを解く→もう一度全部解く)
・間違えまくったところを教科書でチェック

テンプレみたいなやり方ですが、実際効率は良いです。
まともに取り組んでたのは20時間程度かと思います。正直勉強不足は否めなく、この程度では社会人未経験だと合格は五分五分になるかと思います(というか自己採点めっちゃギリだった)のでちゃんと勉強しましょう。
公式の教科書は何かと上から目線高飛車な言葉遣いが多くムカついてしまったために、実際は過去問を解くまで教科書はほぼ読んでませんでした。おかげさまで「秘書業務」周りで大変苦戦しました。私としては公式のモノではないカジュアルな教科書で勉強することを推奨します。

試験直前
・マナー・実技分野を暗記

だいたい試験3時間前くらいは短時間で点数になりやすいということで暗記のところをやってました。時候の挨拶や上座下座なんて、バイト学生じゃ考えもしませんからね。ここは特に言うことはないです。ひたすら書いて覚えましょう。


で、結果。先ほどもちらっと触れましたが自己採点は65%程度ということに。
反省としては、もっとしっかり勉強しておけばよかったということです。雑にやっていた秘書業務のところでかなりミスしたせいで終了直後は落ちたな(確信)となりましたので、皆さんはしっかり勉強するようにしていただきたいですね。
でも、実際のところ30時間くらいかけてしっかりやれば普通に9割は取れる内容だと思いますし、難易度はそんなに高くないと思われます。合格証も貰えるし就活にも有利に働く・・・かもしれません。
スポンサーサイト

2018.11.27(日)

おはようございます。気がつけばもう11月も終わりそうですね。寒くなり外でのタバコがおいしい季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は卒研と一個の講義以外やることがないのでほとんどおうちに居ます。本を読むかゲームするかしかしてません。体力めちゃくちゃ低下してそう。バイトは扶養突破の寸前までやっているので働けません。教習所行く予定だったんですけどタイミングが合わなくてだめだったんです、おにいさんゆるして。まあ2月か3月に行くしかないでしょうね。つらい。忙しそう値段高そう。やだ。めっちゃやだ。まあ首都圏人だし仕事が仕事なんでバイクでも始めん限り要らないんですけどね。

そんなこんなで話すこともないので、軽めに。

今は部屋にぶち転がってる本や新しく買った本を読んだり、BF5をやったりしています。
本は新しく共産党宣言や社会契約論、それと仏教入門を買いましたのでちまちま読み進めています。なんでかっていうとソシャゲと研究が心の重石になって読めてないです。ソシャゲやめろライト。

BF5なんですが、βやったときは先行きが不安になる仕上がりでしたが製品版になってかなり遊べるゲームになってましたね、今のところそこまで不満はないです。個々の武器性能とかクソが(悪態糞土方)って感じですけど。マップは遊びまくってればうんこやん!ってなると思うのでこの先掌返すと思います。テノヒラクルー。

あと最近、ネットを見てると精神がイカレてくるのがわかったので必要以上に見ない努力をして居ます。理由は簡単で見てなかったときの方が心が元気だったからです。
卒研の進捗が芳しくないのでそろそろブーストかけようと思います。頑張れ私。


リトバスやった

最近たまたまsteamで見たご縁があってリトルバスターズ!ほんへをプレイしました。

リトルバスターズ!とはKeyから出ているゲームである。
まあ、著者はKey作品で見たことがあるのはリトバスアニメとエンジェルビーツしかなかったのですが。

ltbs.png

(これはアニメのサイト。脚本の人亡くなってたんか・・・)

ストーリーは幼馴染5人組+個性溢れまくりな5人のヒロインとわちゃわちゃ学園生活・・・と見せかけてクッソ重たい話。
各ヒロインたちの問題を解決しながら学園生活を送る主人公の成長物語である。
アニメは構成の問題からか友情を強調されており気持ちよく見ることができる。オススメ。


話が逸れた。今回はゲームの話である。
ゲーム(原作)では、一人一人のヒロインと恋仲になりながら問題を解決していく。
そして最後は世界の謎を解き明かす・・・といった流れ。
このゲームは構成上、各ヒロインの話は世界の秘密を解き明かすための鍵になっているので、各ヒロインと触れ合ってもはい?で終わってしまう部分が多い。どういうゲームなのか最初に知ってれば腑に落ちるかと思いきやそうでもない部分も多いのだが、想像が膨らんで楽しかったのでご愛嬌ということにしておく。

して、このゲームは基本的に舞台設定自体が優しさの塊なので、一部√で胸を掻き切って死にそうになることが多少はあるも大抵は優しい話なのだ。最後は優しく終わるのだ。途中で何度も何度も「は~??つら~~~~」ってなるんだけど、最後は良い話で終わるんです。各√から溜めに溜めてからの最終√でドーーーーーーーーン!!!!!!!!!なんです。
各√でも顔中涙まみれになるのにもう最後はダメダメでしたね。前が見えねぇ。
たかだか創作でガチ泣き入った感動したの初めてでした。

あんまり中身に触れてネタバレしちゃうのはよくないと思ったのでこのくらいで終わりにしますが、まだプレイしていない方は是非とも一回遊んで欲しいのです。
今ならsteamでも買えるぞ!

最近聞いているラジオを紹介したい

おはようございます、ライトです。最近胸と喉が痛いです。

さて、私は最近色んな情報を入手する媒体として、国営放送のラジオを聴くことが多い。
理由としては、いろんな話を聞いて自分の中に吸収して自分の中の理屈を固めていきたいと感じたからである。
齢21にしてこんなこと思ってももう遅いかも知れないが、過去に遡れでもしない限り一番若いのは今であるのだから、
やりたくなったらとりかかった方が良いのである。
でもって、最近その中でもお気に入り・・・というか一番ためになる話が多いなと思って聞いている番組で興味深い話が出てきたので貼っておく。

「権利と義務から見た憲法」首都大学東京大学院教授 木村草太氏
NHKラジオ (ラジオなので腰を据えて聞くように)

内容についてはTwitterの方で触れているので今回は書かない。

各回でこういった話を知らん人でもわかりやすく話してくれる番組だ。
こういう番組を聞いて自分の中に取り入れて知見を広げるのが最近の趣味である。
どんどんこじらせていきそうだが、まあ今更って感じである。
NHKラジオは聞き逃し配信もあるし、入門編に良いのはないだろうか。皆も聞け。