ライト軍曹だって人並みの生活してます。

ライト軍曹が人並みに生きていることを主張するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツとのお付き合いは難しい。

最近こいついねぇなって思ってる皆さん、どうも私です。
最近レポートと試験が重なって徹夜したりしていたらものの見事に体調を崩しました。
こんなことは初めてです。今までは徹夜したって何ともなかったんですが。もう歳ですかねぇ。
さて本日は惑星WarThunderに出張してるお話を。
どうにもこうにもドイツ戦車は脆い。
確かに、砲も素直で足も速くて機動に融通が利くって言うのは、安心感がだんちだ。
当たらないなら。当たらないならね。
できるだけ腰を落ち着けた戦いをしたい私にとってドイツは地獄でしかなかったらしい。

kv-2 des
最近UIが変わったみたいなんですが、自分は前の文字が羅列される方式の方が好きですね。あっちの方が被弾時の危機感があって好き。
ドイツの真髄は弱点を暗記した狙撃にある、というのは間違いじゃないでしょうが。

shot 20151116 032747

どんなに覚えてたって当たったらほぼ死ぬ、こんなんうまくいくわけがなかった。
「ソビエトなら生きてた。」炎上する自機を前に何回そう言ったことか。確証はないけどね。
ただソビエトをやった後だと、T-34やKV-1に乗っていたときどこでどうやって死んだかを覚えるわけで。
必然的に優位な戦い方を覚えられるんですね。
で、覚えた結果がこれなんですけれども。これでも何もできずに死んでた昔よりはだいぶマシになっている気がする。
どんだけヘタクソなんだよ、とか言われても泣かない。泣かないよ私は。
とにかく、ドイツ戦車は脆い。正面装甲が50mm。泣かない。側面に至っては⋯

、、、泣かない、、、

CEFQHA4UMAMPUeT.jpg
映画見に行きたい。
秋山殿のような純朴な気持ちで戦車に乗れればいいんだが、彼女らの駆るⅣ号は私たちが今乗っている戦車よりだいぶ強くないだろうか⋯。

まぁ言ってもⅢ号は貫通力が極めて高い硬芯徹甲弾を恐ろしいリロード速度で使えるし、
Ⅳ号もF2まで来たら初期弾で小細工不要に戦えますし硬芯徹甲弾もありますし。
ヒットアンドアウェイと回避運動を徹底して行い、隠れる場所さえ考慮できれば強いんでしょうが⋯
うーーーーんこの。
安定してなんでもできる(かと言って無敵ではない)T-34やかったいかったい装甲を誇る(言うても無敵ではない)KV-1、
正面切っての戦いなら最強(かも)なシャーマンシリーズに比べるとどうにも見劣りしますなぁ。

とにかく、Ⅴ号までは耐えればなんとかなるはず⋯信じてるよ、私は。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/16(月) 05:34:30|
  2. 惑星WarThunder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ライト軍曹

Author:ライト軍曹
果報は寝て待てがモットー。
本読んだり毒吐いたりゲームしたり。
舞鎮提督。PSO2ship10。

最新記事

カテゴリ

日記 (93)
なんのことやら (9)
初めに? (2)
政治と思想(チラシの裏 (5)
サークル活動 (3)
ミリタリー趣味が高じた結果 (1)
PSO2活動履歴 (97)
迫真艦これ部 (16)
PSP版 大東亜興亡史 (12)
DUST514 (4)
ライト氏的戦術 (2)
惑星WarThunder (1)
steam関連 (4)
elona (2)
Hoi3 (2)
猿向け (4)
Hoi4 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

本ブログ訪問者数(2014/04/02設置)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。