ライト軍曹だって人並みの生活してます。

ライト軍曹が人並みに生きていることを主張するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

密室ブリード2

おはようございます私です。

最近書くネタも無いなと思っていたのですがひょんなことから溜まっていたエロgゲフンゲームのことでも書こうかと思ったので、
そのことを書かせていただこうと思います。決して日常生活にネタが無いわけじゃないのよ。

さて今回は密室ブリード2について。
名前からして2作目なんですがどうしてわざわざ2を?って話になると思うんですけど、キャラが2のほうが好みだったってだけの話です。
ac4f107f_2016090602062126b.jpg
細かいことは気にしないスタンスでいきましょう。下半身に任せろ。

このゲームもまた【前回のCG集】に続いてまぁまぁやばいラインって言うかそもそもジャンル違うしやばいんですが、まぁ気にしないでおきましょう。

内容は今流行り(?)の拉致監禁調教

アカン性教育おばさんに見つかったら死ぬゥ!って内容です。はい。
好きな人は大好きなはずです。私は大好きです(ガンギマリ

プレイ画面は例のごとく諸般の事情で写すことができないというのが残念でならないのでありますが。
少ない語彙力で説明させていただきますと、
「前後の開発、奉仕を強要するも自由。貴様の好みのようにするんだなぁーッ!!」
って感じです。
なおあんまり好き勝手すると少女が死んだりする模様。
まぁ監禁するんだし管理は自分でしなきゃならんのはしかたないですな。
あとあんまり甘やかしてると刺されたりする
恐ろしい話だが彼女からしたら極限状態なのだ。無理はない。

さてゲーム的な話だが、様々なプレイが用意されていてとても良い。良いぞ。
痛めつける系から同人誌なんかでありがちな純粋なえっちまでいろいろある。マニアックなプレイもあるぞ。
3Dの少女が痛めつけられたり、えっちしたりするのだ。
もうこれだけでえっちぃのに自分でプレイ内容を選んで調教できるのだ。
監禁とかいうハードジャンルに抵抗がない人には一度は遊んでもらいたい作品だ。安いし。


そこそこ多いプレイのバリエーション、シチュエーション、値段の安さ。一度は手に取って頂きたい。

このゲームで問題があるとしたら・・・まぁ値段相応なとこがあるのと3D特有の表現が嫌いじゃないかってのがある。
あとは・・・その・・・このゲームもマルチエンディングを採用しているんだけれども、
特定のエンディングを迎えるためにはやっぱりマニアックなプレイを連続で行う必要があるってこと。
そのため、まぁ、その・・・






彡(゚)(゚)「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリィリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!」


・・・ってのを何度も見なくちゃいけなくてですね・・・少し苦行感があるきらいがありまして・・・(スキップとかありますけど正直焼け石に水ッスよ!
いやね、もちろんこればっかりやらなくてもどうにかなりはするんですが、管理もしなきゃいけない中で完全に計画が進むなんてありえんじゃないですか。そういうことです・・・

まぁそういうのがお好きな方はいいんですけど、生理的嫌悪感ってものが世の中には存在しますから。ね。

嫌なら見るなって奴ですから、割り切ってプレイするかエンディング狙わないとか対策すれば大丈夫。

総評すると一度は遊んでほしいけどジャンルがジャンルだから気を付けて!って感じのゲームです。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/06(火) 02:41:41|
  2. 猿向け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイド嫁 MAID-BRIDE

そういえば買ったエロ本の話をしようと思ってすっかり忘れていました。

事の顛末も書くので少し長いかもしれません。


さて、共産圏の文化や兵器が好きな私はいつものようにコミケ委託分の兵器同人誌を買い漁りに行きました。
目的の物を手に取り、漁りも済ませカウンターに行く前に、ふらっと成人向けコーナーに入ったときのことでした。
ある一冊のコミック本が目に入ったのです。
鬼月あるちゅ氏が描いた、「メイド嫁 MAID-BRIDE」という成人向けコミック本でした。
(モノの画像を添付したいところなのですが、表紙が既にアウトなので各自で調べてください。)

私は(二次元)エロに関してそこそこ自分がぶっ飛んでいることを自負しているので、あまり宣伝文句につられて本を買うようなことはしないのですが、その時の私は先述の目的の品が問題なく手に入ったこと、昼に食べたおそばでお腹いっぱい幸せいっぱいでとても気分がよかったことから、ただでさえ低い判断力が鈍っていたのだと思います。
そんなご機嫌かつ呆けた私の心を捉えたのは付属していた帯に書かれていたある一文でした。
「鬼月あるちゅ待望の処女単行本!20万部突破!!」
・・・他人の評価が自分の性癖に直接つながる訳もなく、ましてやこれは評価ですらない。
そんなことはDMM同人漁りをやっている身として十二分に理解していたはずです。
だから、エロスな物を買うときは熟考してからにすると決めていたのです。
しかしのほほんとしていた私はこのたった一文に心を惹かれ、物騒な共産趣味の本と一緒にこの一冊のマンガ本をカウンターへと持ち込んだのでした。
ちなみに、他にも宣伝文句は備えられていました。
全作品に後日談を描き下ろし!!(TOTAL)40P!!
このようなファンのみなさんなら思わず買ってしまいそうな非常に魅力的な一文や、
普段はクールだけどHのときはとっても淫らに・・・💛
なんてメイド×クール×淫乱という、非日常を求める男の中に備わる少年心や、女の奉仕を求める男の独占欲に響くシチュエーション。そうでなくとも、クーデレ好きな男達の心をわしづかみにするような一文が書かれていたのです、が。
それでも私は「鬼月あるちゅ待望の処女単行本!20万部突破!!」という、どこにでもありそうなたった一文に心を奪われたのです。
こんな「10%増量(当社比)」レベルの普遍的な謳い文句にです。
一体全体、何故この私があまりにもありきたりな宣伝に心を揺さぶられたのか。
今になって考えてみますと、同人ゲーやCGみたいな、悪く言うと自分に合うか賭け事の気分で買える安価なエロ、よく言うと自分のニーズに合っている可能性があり商業品より安く手に入る代物、とは違い、そこそこ高い値段且つそれなりに処分に困る品を好みでもないのに買ってみたり、わざわざ釣られるために買う人もいないだろう。それに処女単行本でこんなに売れるってことは相当なからくりがあるか中身がいいかに違いない。でもって20万も売れてるならおそらく後者だろう。
と踏んだからではないかと思います。そうであってくれ、当時の俺。

さて、私は薄くて赤い本とこれを買ってとらのあなを出て、まっすぐ家に帰りました。
そして共産趣味者本をとりあえず片づけた後、
まずはパーッと読もうと思って件の本を手に取りました。
この時点で宣伝文句の書き殴られた(失礼)帯を取り、表紙絵をじっくり眺めます。
帯に若干隠されていた世界は、私を驚愕させました。
映っているのはオタクグッズの飾られたアロエのような植物が置かれた和室のような部屋。
で、乳を丸出しにしているメイド装束を着込んだ青髪の女性。
うーん。えろいっちゃえろい。ですが。
驚いたことに、彼女はケーキや紅茶の置かれた木製の机の上に乳をのせていました。しかも、自らの手で乳を持ちあげたような形で。
「食事中にエロ?何考えてんだ作者・・・」と思ったもんです。
しかし今になりよくよく考えてみますと、この一枚の絵からストーリーを編み出せるのでありまして。
オタク趣味の俺が美人メイドを雇って生活してたけどおやつ食ってる最中に彼女が発情した」と。
最近ありがちなラノベのタイトルをまんま模倣したような文章になってしまいましたが、まぁいいでしょう。
そう考えるとえろい。食事中に発情とは卑しい奴めお仕置きしてやる、なんて気持ちにもなるもんです。
表紙絵にここまでのストーリーを盛り込んでくるとは恐れ入りました。勝手な想像ですけれど。

さて、話を進めましょう。
表紙をめくると視界の右のほうに映るのも女性キャラ。
こちらは素っ裸でした。控えめなお胸のスレンダーな女の子。
そうだよこういうのを待っていたんだよ。と。
当時の私はこの絵で気を取り直したか、なぜか特に興奮することもなく一息にラストまで読み進めました。

で、読み終わったときの感想。
「丁寧できれいな絵だが、作者も明記している通り絵が荒い箇所がある。しかし読み物として非常に優秀だ。実用性もある。」でした。
ストーリーが複数収録されており、売りとしているメイド編以外にも、教師編だとか、幼馴染編だとか。
だいたいの男性の心の中で歓迎されるものは抑えている感じでしたね。
基本的にいちゃらぶックス。ストーリーは心を抉らず素晴らしいの一言に尽きます。が。
問題は先ほどちらっと出ましたが若干の絵の荒さでしょうかね・・・。
作者様のあとがきが載っていましたが、「当時の技術力ww」のような発言をしていました。
実際作者が指している作品を慎重に見てみると、実際に若干荒い箇所がありまして。
これを許容できるかどうか。エロ本マスターの人から見たら満足いかないかもしれません。
私的には絵は読んでいてなかなか綺麗だなーと。一冊目でこれなら・・・と思いました。
見どころのHシーン中の女性にはそこまで問題を感じませんでしたし、後日談がわりかし好みだったので、まあ良いかなというレベルでした。
絵は線が細いがむっちり感のある画風で自分は好みではありました。
しかし綺麗すぎ故かプレイ故か、淡泊さを若干感じたのがなんとも・・・。
性行為自体がハードすぎだとか、そこまで異常なものもなく、良心に引っかかるものはないかと思います。
背徳感が大好きな人には勧められないかな・・・と。
あと各キャラも個性が薄いかなーなんて思います。エロ本だし良くねって言ったらそこまでなのでありますが。
総合的に言うと良いとも悪いとも言えるけどこういうの嫌いじゃないよスコココ、ですかね。

商業物の成人向けコミックを買ったことがない皆さんもたまには冒険して買ってみてはいかがでしょうか。
  1. 2016/03/02(水) 02:35:34|
  2. 猿向け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大帝国

1_20160114093258841.jpg

アリスソフトの「大帝国」を楽しんだって話。
抜きゲーなのかなーとか思ってたけどなんだかんだちゃんと遊べる戦略ゲーだったよ。単純なシステムこそ奥が深いのだ。
帝ちゃんさんかわいい。

2_20160114093259b0b.jpg

総統さんは尊い。

感想:とりあえずみんなやれ。
  1. 2016/01/14(木) 09:38:51|
  2. 猿向け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クソ記事

最近更新が途絶えてしまっていて申し訳ありません。生きています。
最近の私の様子が知りたい人はツイッターをチェック。

久々に帰ってきてそうそうクソ記事を書くと申し訳ないと思うんですが、今回はクソ記事です。
つーか毎回糞みたいな記事しか書いてないし今さらなんだって話なんですけれど。





結構前にアダルトなCG集を買っていました。

お兄ちゃんの半分は性欲でできています。
(カッコ内クリックで商品ページへ。)
なんでこんなもん見てんの⋯って思った方。思ってくれて結構だ。
それとこのブログは一応全年齢対象版なので18歳以下の方はクリックしないでねってそもそも載せなきゃいいんだけどさ。。。

さて、私だって一応男で、若い。
たまにはこういうのを見たいのです。

でもって、普段は一枚物のえっちな絵を色んなサイトで見ているわけですが⋯
最近金銭的な余裕が(若干だけど)できたので、経済学をちょっとだけかじってる身分として、
お世話になってるんだし少しくらいこういうことにお金かけてもいいんじゃないかなぁと思い至り。
お金がないと作者さんも運営できないでしょうし、お金を使わないと経済は動きませんから。
私は「ただ乗りを期待する」文化が嫌いなので、できるだけ自分のしていくことにはお金を落としていきたいのです。
そしてある程度働くようになりただ乗りの時代は終わった。ということです。
このことについてはそのうち書くかも。
でもって、作品の話なんですが。

この作品、妹となんとなく性的な関係に落ちていくっていうなんともどっかのえっち嫌いなおばさんたちが激怒しそうな内容なんですが、その背徳感を楽しむものとして割り切っていただきたい⋯って無理な相談か。

内容としてはひょんなことから若い兄者がかわいい妹者をぶちおかしてしまいその味を覚えて何度も行為に及んでしまう⋯
っつーなんとも現実の若いカップルにありがちな事案(個人の主観です)を描かれている。
これが兄弟関係だったってだけの話だしなにもおかしいことはないね。
しかし記事書くために改めて見返したら兄者だけじゃなくて妹者の邪念もすごすぎるな。

しかしてこの作品がすごいと思ったのはなんでかって言うと、読みやすいんですよ。
差分の使い方が巧みなんです。
いや、初めこういう系式の物を見たから感心してるだけかもしれないんですが。
こういう表現もあるのか、と新しいものを知ってしまったというのが正しいんでしょうかね。
とかく、えろい。

凡人の自分にはあまりうまい言葉が見つかりませんが、良かった。とだけ。
  1. 2015/12/09(水) 18:59:44|
  2. 猿向け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ライト軍曹

Author:ライト軍曹
果報は寝て待てがモットー。
本読んだり毒吐いたりゲームしたり。
舞鎮提督。PSO2ship10。

最新記事

カテゴリ

日記 (93)
なんのことやら (9)
初めに? (2)
政治と思想(チラシの裏 (5)
サークル活動 (3)
ミリタリー趣味が高じた結果 (1)
PSO2活動履歴 (97)
迫真艦これ部 (16)
PSP版 大東亜興亡史 (12)
DUST514 (4)
ライト氏的戦術 (2)
惑星WarThunder (1)
steam関連 (4)
elona (2)
Hoi3 (2)
猿向け (4)
Hoi4 (2)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

本ブログ訪問者数(2014/04/02設置)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。