FC2ブログ

Stellaris

Steamサマーセールなんてもんを今やってるし、ふと思いついたので今時間をゴリゴリと持っていかれてるこのゲームについてつらつらと書き連ねていこうと思う。Stellarisだ。
Stellaris Stellaris(Steam)

さて、大学に入って以来、私はゲームをしているとどうにもこうにも「時間の無駄じゃあないか?」「こんなことしてる場合じゃないだろう?」などと考え、ゲームに熱中できていなかった時期があったのだ。1回生は普通に学業が限界に忙しかったし、2回生は金を稼げと親にどつかれ限界すの字の牛丼バイトと未だ忙しい学業同時に行っていたのである。ああもう、クソ忙しかった。
だが、そんなゲロクソ忙しい2回生の後半、僕は悪魔と出会った。
Hoi4である。 Hoi4(Steam)
このゲームは私に真の意味で夜を無くさせた数少ないゲームだ。
バイトや学業の合間を縫い、時には友人と示し合わせて大学をサボる程にこのゲームにガンガン打ち込んだ。
そう、「時間が・・・」「予定が・・・」なんていう軟弱な気の迷いを吹き飛ばすほど熱中できるゲームだったのだ。
題材が題材であるが故の数多のロマン。多彩な戦略、戦術がぶつかり合うマルチプレイ。1M単位で死ぬ人民、失われる兵器、荒廃する街。塹壕、砲撃、爆撃・・・そりゃもちろんムカつくこともあったが、今じゃいい想い出だ。
元より歴史やSLGを好んでいた私がこのゲームと出会うのは必然だったかも知れない。
このゲームは新たな人間関係を拓き、非常に有意義な時間を私に与えてくれたゲームでもあり、私の暗黒の大学前半からカラー写真の世界に移行させてくれたゲームと考えていいだろう。

そんなわけで、私は以前遊んだHoiⅢが500時間、このHoi4を920時間程度プレイした初級パラドゲーおじさんとなった。

そんなパラドが、宇宙戦争ゲームを作りやがったのだ。なんてことをするんだ!(歓喜)
といっても私の所有するPCは当時スペックがお察しだったため、新規PCが来てから触ることになったのだが。
それがStellarisだ。
前置きが長くなったが、私がこのゲームにはそれなりの思い入れがあることをわかって欲しかったのだ。ゆるしてほしい。
本ゲームはどういうゲームなのかというと、
自分だけの種族と国家を作って宇宙に乗り込もうぜ
というゲーム。
以前より宇宙系のゲームはガンダムの影響でやってみたかったのだがどうにもご縁がなかったのだが、そんなロマン汁出過ぎて死にかねないゲーム、やらざるを得なかったのだ。
20180623082415_1.jpg
件の国家設定はこんな感じ。種族、母星、政体とびっくりするほど細かく決められる。フレーバーテキストも素晴らしくそそる。困ったら気に入ったフレーバーの組み合わせでもいいかもしれない。

ここだけでももうゲームとしての価値が振り切れてしまいそうなところだが、問題なのは中身である。
中身としてはCivなんかが近い・・・らしい。いや、残念なことに私はその手のゲームに振れたことはないのだ(廃人になるのが目に見えているからである)。
簡単に説明すると、未開地域を調査、入植、内政、戦争って流れでどんどこ強くなっていくイメージである。
その過程で支配した異星文明の人民を食糧にしたり××したりできちゃう。昨今の社会情勢で考えたら明らかにやべーゲームである。さらにDLCで敵を母星ごと爆散させることもできるように!


それ以外にもいっぱい要素がありすぎて私が書くにはまだまだ経験が足りないので、この辺でやめておく。
なんせ100時間しか遊んでないのだ。到底語り切れない。そんな奥深さがこのゲームにはある。

宇宙を探索していく中で遭遇する様々な古代文明の遺物、今を生きる異星文明、タイムリープする住民、外宇宙から訪れるにちゃにちゃした生き物に蹂躙される星々と艦隊、、、とにかくこのゲームは要素が多いのだ。

100時間は確実に遊べるので、検討して見てほしい。
スポンサーサイト

クレペリン検査の話

おはようございます、ライト軍曹です。お久しぶりです。

Twitterの方でブログ書く書く詐欺をいつものようにやっていたのですが、
やっとこさ脳みそに余裕が出たのでつらつらと書き連ねて行こうと思います。

本日は先日ちょろっとツイッターでお話した内田クレペリン検査のお話をいたします。
内田クレペリン検査というものは皆様も就職活動において触られたこともあるかと思いますが、
業種や就活の進行状況によっては縁がない方も居られると思うので軽く説明をいたしますと、
シャトルランの要領でドカドカ計算をしていくテストのことです。
当然ながら人間は単純作業を続けていると効率が落ちてきたり、また上がったりする訳です。
作業進捗状況をグラフにすることでその人の性質がわかる・・・らしいです。

興味のある方はコチラ↓
http://www.nsgk.co.jp/sv/kensa/kraepelin/


私は先日某御社で初めてこのテストを受けたのですが、こなせこそすれどそれはもう精神的に散々でして・・・
受験当日は他の項目はそこそこだったのですがこれだけでその日一日中疲れている羽目になってしまいました。
何がすごいって、やっていると顔面がぴくぴくしてくるんすよ。いやマジで冗談じゃなくて。
マジで気が狂いそうになってきて我を失って暴れるんじゃないかと本気で思いましたよ・・・
その時は深呼吸とかを駆使してなんとか凌いだんですが、何より酷いのは検査が終わったときのショックがいちばんヤバい。
「これマジ?あの単純作業だけでこんなんなる?嘘やろ?」って。
なんだか、「お前はこんなことでも頭が狂いそうになるクズやぞ」って言われてるような気分です。
「早く、正確に」がこんなに難しいなんて僕は知らなかったんです。
今後の人生を決める就活というステージがそうさせるのか、
お気楽な自分が会場の雰囲気とか切迫感もなくできたらどうなのかってのはまったくもって未知数ではありますが。
やったことないし。

単純な足し算ですらこんなにつらくてどうすんだよお前・・・ってなるんですよね。無力感がヤバい。就活は悪()
どういうこともぶっつけ本番はよくないし、くよくよすんなよって話でこの話は締めくくるしかないのですが。
皆さんも受験の折があったら練習してから受けることをお勧めします。
軽く検索するとクレペリンについて書いてくれてる記事が結構見つかるので、参考にするといいかもしれません。









ちなみに僕は検査の最中に気が狂いそうになって深呼吸をずーーーっと繰り返していましたが、
脳内で双子を流していました。吸って~、吐いて~。

おかげさまで筆記試験は通りました。

プロフィール

ライト軍曹

Author:ライト軍曹
果報は寝て待てがモットー。
本読んだり毒吐いたりゲームしたり。
舞鎮提督。PSO2ship10。

最新コメント

最新トラックバック

本ブログ訪問者数(2014/04/02設置)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア