ライト軍曹だって人並みの生活してます。

ライト軍曹が人並みに生きていることを主張するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまには人並みな記事書きたい。

ども。ライトさんです。
私思いました。
最近ネトゲの話しかしてねえ。

最近私の特長であるオタク、オフゲー推奨者、据え置き機至上主義者、読書、片足宗教突っ込みマン、政治論者(にわか)に関するうんぬんが抜けまくってるのです。

そ・こ・で

これから復古神道の如き勢い(ってなんなのでしょうね。私気になります)でちょいちょいと…

アイデンティティを尊重してキモヲタらしい記事を書いていきますぞwwwww
フヒッwwwwwwwwww

見苦しい物をお見せすることになりますので予めご了承ください。






ではやっていこうね。

本日ライトノベルのシュヴァルツェスマーケン第七巻をようやっと買ってきました。時間かかりすぎわろろん。
で、昼寝する前にちょっと読むかと読み出しましてん。
そしたらやっぱり面白くて寝るの忘れて読んじゃいましたの☆~(ゝ。∂)
今回で本編終了だったそうで…いやはや。
今そのままの充足感を持って記事を書いてます。はい。

やっぱりね、マブラヴの世界観ってさ、感情移入っつうのかな?作品に精神入れやすいっつうか…
こう、作品の世界観に自分を投じやすいよね。
読む(見る)ことに集中できるというか。
夢中になれるというか。

なんでいきなり話がここから入るかと言いますと
自分、毎回作品を読むときは本の世界にですね、こうなんといいますか…
作品世界にダイブする?みたいな。
アレやるんですよ。
小説世界を楽しむのです。全力で。
ここで重要なのは長文読解とかでやるダイブとは違うってことです。
すげー伝わりにくいと思うけど、伝われ。
もっともーっと深く入る、のでーす。

こう、伝わりにくいというか伝えること放棄しちゃってるので下に私自身の勝手すぎる考え方と意味わからん読み方を書いときます。

問題を解くためには常に公平な見方を維持せねばならない。
そのためには文章内に入りすぎてはならないと思うのです。
小説なら、主人公か脇役かに感情が偏ってしまって問題をちゃんと理解できなくなりますん。
論文なら作者に振り回されちゃならんのです。
だから公正な、冷静な味方を維持するために作品に入りすぎないことが肝要だと思うんですよ。

しかし自分の趣味で読むなら話は別ですから。
小説ならもうどっぷり作品世界に浸かってみちゃいます。世界観、主人公サイド、ヒロインサイド、脇役とそりゃあもうディープに浸かります。
どんなところで誰が何を思って何を進めるのか。これをもう感情移入マッハで見てみます。
そりゃ公平で冷静に見るためにちょっと読む度に現世に帰ってきますけど。
余談ですがたまに現世に戻れないぐらい夢中になれる作品があります(自分はこーいうのをまれに「素晴らしい作品」と定義したりすることがありますが、毎回そーゆうわけじゃない)。

…とまあこんな読み方をしてまし。
良く言うと感情移入、悪く言うと入りすぎかの。

こんな感じで読んでます。
しかし自分自体せっかちさんだから恋愛小説とか読んでるとウダウダ主人公に腹立ってしまうのですがね。仕方ないっすね。
なんという矛盾。


さて前提のお話があんまりにも長くなりすぎましたな。

そんなこんなで、個人的に作品へのダイブ(と名称しておく)が上手くやりやすい、深くなりすぎちゃう作品群がマブラヴ オルタネイティブシリーズなのれす。


交渉の効かない外敵の脅威、決して一枚岩ではない人類、国一つ、部隊一つとっても国内外の陰謀が渦巻いてるわなんとかかんとか。
そんな絶望的状況下、外敵に効果的に対抗できるA.I.S.戦術機の存在が徐々に大きくなるのです…
国家の威信と存亡をかけて作られ、国を守る兵士の希望たる存在。
しかしそれにしたって無敵というわけじゃない。ダメなもんはダメ。
さあ困ったぞ、な先行き不透明な世界の中、成長し国家のため人のため、或いは野心のため未来のために動く人々…
なんとドラマチックなのでしょう!素晴らしい!美しい!えれがんと!あくしでんと!(?)


私はこう言うのが大好きです(断言)。


盛大にヨイショしたところで。
最後に個人的に良かったとこと悪かったとこあげて終わろうかな。

良い点としては
世界観がドツボでしてすごくとっても入りやすかった。
作品自体もオーソドックスに主人公や仲間が作戦を遂行して行き育っていく奴で、努力と友情、戦友、大衆を導く道標になります(笑)ってのに飽きてなけりゃ幾分楽しめると思いますん。
政争とかが複雑に絡んでる中でいろいろ頑張る主人公サイドがなかなか人間らしいと思ったよ、うん。
戦闘シーンも実に想像しやすく描かれておりよろしい。
この人間ドラマ、素晴らしく勇気をもらえます。
さすがはマブラヴ。

悪い点は…
やたらとエグい。特にマライさん関連(あくまで個人の感想です)。


って感じかな。
もっと上手く説明できるはずなんだけど相変わらずの語彙力の無さでうまく書けないんだよね。
日本語検定でもやろうかな…

意外と真面目に文章書いちゃった…
真面目に文章書こうとするとだいたい思いを書ききれなくて支離滅裂文章になっちゃうから避けたかったんだけど…((
スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 21:24:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Fiを育てなきゃいけなくなってました | ホーム | ナウシズファミリーとかの話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rightblog69.blog.fc2.com/tb.php/121-fa0d50a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ライト軍曹

Author:ライト軍曹
果報は寝て待てがモットー。
本読んだり毒吐いたりゲームしたり。
舞鎮提督。PSO2ship10。

最新記事

カテゴリ

日記 (93)
なんのことやら (9)
初めに? (2)
政治と思想(チラシの裏 (5)
サークル活動 (3)
ミリタリー趣味が高じた結果 (1)
PSO2活動履歴 (97)
迫真艦これ部 (16)
PSP版 大東亜興亡史 (12)
DUST514 (4)
ライト氏的戦術 (2)
惑星WarThunder (1)
steam関連 (4)
elona (2)
Hoi3 (2)
猿向け (4)
Hoi4 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

本ブログ訪問者数(2014/04/02設置)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。