FC2ブログ

振り返るとたまらなく不安になるなって話

アホみたいな題名だけどそう思ってしまったんだ。まぁまずは落ち着いて話を聞いてほしい。
読まなくてもいいけどさ。

さて、自分は小学生のころからとにかく本を読んでいました。
なんでやねんって思うくらいに。
学校では図書館に通い、家では買ってもらった本を読み漁る。そして時折新聞を読む。そんな小学生でした。
読んでいた本としてはほぼ鉄板と化していた「マジックツリーハウス」やら「三国志」、「漫画日本の歴史」でした。
他にも「こころのあたたまるはなし」みたいな道徳的な本や偉人の伝記、
塾で題として掲げられ興味を持ったことからファーブル昆虫記などを読んでいた気がします。
他には「○○のひみつ」なんていう社会システムや商売の方法なんかの解説をしている漫画など。
あとはデアゴから出ていた「そーなんだ」なんかも。
こう考えると案外いろいろ読んでいるんですね⋯って話。
ここから中学時代に移行すると、オタク趣味に染まってきます。
「相棒」「CSI」、「三国志」を何度も読み返し、歴史の本、地図帳を数時間読み込んでいたり。
「龍馬がゆく」なんかもこの辺でしたかね。
ラノベは「涼宮ハルヒの憂鬱」を購読、友人から「バカテス」、「ハイスクールD×D」なんかをばんばん借りては読んでいました。
思えば半分押し付けられていたんですけどね()他にもたくさん借りましたが忘れました。
そして高校時代。
各種実用書やなんでもない本、「SPEED」(薬物の本)、「宇宙への秘密の鍵」、「伏」。
一次大戦~現代を描いた創作やらなんやら。あとは気が向いたときに読んだ医学書(よくわからなかった)とか。
その他ラノベを読み込むようになる⋯と。

と、このように振り返ってみると⋯どの本でどの知識を得たのかパッと出てこないんです。
歴史の本を読めばその知識が付くし、経済の本を読めばインフレデフレ、為替くらいは覚えられるでしょう。
なのでこうして何を読んだか思い出しながらだーっと書き連ねてみたんですが、どうにもわからない。
本当に私は本を読んでいたのか・・・?ってね。
本を読んでいた記憶はあるにしてもあのとき何を読んでいたのかが思い出せないのです。
まるで霧がかかったようです。
こうして考えると本当にあの時私は本を読んでいたのか?それとも別のことをしていたのか?
だとしたらこの私にある知識はどこから来たんだ?と。

いや、考えるだけ無駄なんですが。ちゃんと手元に参考にしたものを取っておかないとこういうことになるんだろうな⋯と。

人間の記憶はあいまいで、特に私みたいな忘れ性な奴のは不安定極まってます。
案外頼りにならないものですね、記憶って。
知識は残っても何があったかわからないって、少し怖いような。
いや、記憶なんていらないものなんでしょうが、裏付けされていない知識って少し⋯うーん。
何と言ったらいいのか。
と考えていたらダメになったよ、っていうどうでもいいお話。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ライト軍曹

Author:ライト軍曹
果報は寝て待てがモットー。
本読んだり毒吐いたりゲームしたり。
舞鎮提督。PSO2ship10。

最新コメント

最新トラックバック

本ブログ訪問者数(2014/04/02設置)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア